北海道の日本百名山ミニ登山ガイド【一覧まとめ】

北海道の日本百名山ミニ登山ガイド【一覧まとめ】

北海道の日本百名山の登山情報下調べ

深田久弥氏が選出した北海道にある日本百名山は以下の9座。

■ 利尻岳 ■ 羅臼岳 ■ 斜里岳 ■ 阿寒岳 ■ 大雪山 ■ トムラウシ ■ 十勝岳 ■ 幌尻岳 ■ 羊蹄山

北海道民さんは理解していると思いますが、本州以南の人にとっては北海道の広域感・距離感が違うので、旅行などで訪れる人は「ついでにお隣の山も」とはならないことを念頭に入れておきましょう。

なお、北海道の沢(山の川)の水はキツネや小動物媒介する寄生虫の原虫・卵(エキノコックス症)を体内に取り込む危険性があるため、生水をぐびぐび飲まないように要注意です。

【アバウト&ざっくり】北海道の日本百名山ミニガイド

【利尻岳・利尻山】
標高1719m。最北端・稚内からフェリーで渡航する利尻島にある山。ヒグマがいないと言われており、出没すれば全国的なニュースになります。
『#利尻岳』https://twitter.com/search?q=%23%E5%88%A9%E5%B0%BB%E5%B2%B3
『マップ』https://goo.gl/maps/XRvMdWERd2pMTpC39

【羅臼岳】
標高1661m。ヒグマの密生地帯「知床」にある知床連山の山。知床五胡から羅臼に抜ける知床横断道路ではヒグマが頻繁に目撃されています。
『#羅臼岳』https://twitter.com/search?q=%23%E7%BE%85%E8%87%BC%E5%B2%B3
『マップ』https://goo.gl/maps/7FBHmBDMXqfQhf8Z8

【斜里岳】
標高1547m。知床半島の根っこあたりに位置する日帰り登山が可能な山。
『#斜里岳』https://twitter.com/search?q=%23%E6%96%9C%E9%87%8C%E5%B2%B3
『マップ』https://goo.gl/maps/WRBSuZzBVGijeD3F8

【阿寒岳】
標高1499m。雌阿寒岳・雄阿寒岳・阿寒富士で構成される阿寒湖のほとりの山。雌阿寒岳へはオンネトーからの登山が一般的。
『#阿寒岳』https://twitter.com/search?q=%23%E9%98%BF%E5%AF%92%E5%B2%B3
『マップ』https://goo.gl/maps/BcjjW4wz9gybLoCk7

【大雪山】
標高2291m。超広域の山体で主峰は旭岳。旭岳ロープウェイからの登山がおすすめ。その他層雲峡からもロープウェイが運行されています。
『#大雪山』https://twitter.com/search?q=%23%E5%A4%A7%E9%9B%AA%E5%B1%B1
『マップ』https://goo.gl/maps/NeJYkzXWgZN2Zcsw5

【トムラウシ】
標高2141m。北海道の中央に位置する大雪山の南側からアクセスする秘境エリアの山。
『#トムラウシ』https://twitter.com/search?q=%23%E3%83%88%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%82%B7
『マップ』https://goo.gl/maps/LE57xejkkExoTAhU8

【十勝岳】
標高2077m。大雪山の西側、富良野地域からほど近い山。望岳台を目指せばそこが登山口となる。
『#十勝岳』https://twitter.com/search?q=%23%E5%8D%81%E5%8B%9D%E5%B2%B3
『マップ』https://goo.gl/maps/qXQ6rGSGXbjwLdHn9

【幌尻岳】
標高2052m。徒歩スタート地点からの距離がとても長く、北海道&日本百名山屈指の難関と言われる山。
『#幌尻岳』https://twitter.com/search?q=%23%E5%B9%8C%E5%B0%BB%E5%B2%B3
『マップ』https://goo.gl/maps/kj25P94KLr6R3o5A7

【羊蹄山】
標高1898m。富士山型の美しい独立峰の山。道路に囲まれた地形でヒグマは生息していないと言われています。
『#羊蹄山』https://twitter.com/search?q=%23%E7%BE%8A%E8%B9%84%E5%B1%B1
『マップ』https://goo.gl/maps/5trRz5aDymZbxMzKA

個々のまとめページはゆっくり追加して追記していきます。(予定)

北海道はこんなトコロ♪
北海道の場合、「山地」「平原」「森林」のエリアがはっきりしています。
例えば函館から札幌へ陸路で向かう途中では、長万部あたりで初めての「平原(原野)」を見ることができるはず。黒松内あたりで「原生的な大森林地帯」を感じ、平らな農地に堂々と立ち上がる独立峰の羊蹄山を見るでしょう。風景の良い観光地として有名な富良野の地域へ行けば大雪山が目に入ってきます。

知床、釧路湿原、サロベツ原野など…有名な自然散策スポットが点在する北海道ですが、地域間の距離は一日クルマやバイクで走りぬいて到着するかしないかのレベルですのでご用心。

クマ対策をしっかり考えた後、ちょこちょこと百名山を目指す山登りの趣味は健康的でかなりおすすめです。

報告する

関連記事一覧