東北地方の日本百名山ミニ登山ガイド【一覧まとめ】

東北地方の日本百名山ミニ登山ガイド【一覧まとめ】

東北地方の日本百名山の登山情報下調べ

深田久弥氏が選出した東北地方にある日本百名山は以下のとおり。

■ 岩木山 ■ 八甲田山 ■ 八幡平 ■ 岩手山
■ 早池峰山 ■ 鳥海山 ■ 月山 ■ 朝日岳
■ 蔵王山 ■ 飯豊山 ■ 吾妻山 ■ 安達太良山
■ 磐梯山 ■ 会津駒ヶ岳 ■ 燧ヶ岳

編集の都合上、山体が他の地方にかかる山は別の地方へ振り分けてあります。

東北地方の百名山は「行きやすい」&「分かりやすい」のが特徴的。水田が広がる田園地帯が多い東北地方では「山」に向かうとそのまま「山」がお迎えしてくれます。登山の際は登り始める登山口を目指して移動すると到着地が即スタートラインになります。

【アバウト&ざっくり】東北地方の日本百名山ミニガイド

【岩木山】-青森県
標高1625m。青森県弘前市から気軽に遊びに行ける初心者歓迎の独立峰の山。津軽岩木スカイラインは125cc未満の原付二種・自転車・歩行者が通行できない有料道路。
『#岩木山』https://twitter.com/search?q=%23%E5%B2%A9%E6%9C%A8%E5%B1%B1

【八甲田山】-青森県
標高1585m。山塊の総称のため、登山的には「大岳」への登山が主流で登山口は酸ヶ湯温泉がメジャー。温泉地特有の有毒ガスの滞留に注意。
『#八甲田山』https://twitter.com/search?q=%23%E5%85%AB%E7%94%B2%E7%94%B0%E5%B1%B1

【八幡平】-岩手県 / 秋田県
標高1614m。岩手と秋田を横断する山岳道路・八幡平アスピーテラインで山頂手前までアクセスできる山。鏡沼のドラゴンアイが一躍有名になった。
『#八幡平』https://twitter.com/search?q=%23%E5%85%AB%E5%B9%A1%E5%B9%B3

【岩手山】-岩手県
標高2038m。盛岡から近い中距離登山の山。ハイキング気分で歩ける八幡平と異なり、森林限界を超えた長い道のりの登山道となるのでしっかり準備。
『#岩手山』https://twitter.com/search?q=%23%E5%B2%A9%E6%89%8B%E5%B1%B1

【早池峰山】-岩手県
標高1917m。山体南側の登山口である小田越は例年夏場は土日祝日マイカー規制あり。岳からシャトルバスが運行されています。
『#早池峰山』https://twitter.com/search?q=%23%E6%97%A9%E6%B1%A0%E5%B3%B0%E5%B1%B1

【鳥海山】-山形県 / 秋田県
標高2236m。秋田と山形にまたがる富士山型の霊峰。山頂は一宮神社である鳥海山大物忌神社が鎮座しており、鳥海山の山体そのものが地元の人々の誇り。
『#鳥海山』https://twitter.com/search?q=%23%E9%B3%A5%E6%B5%B7%E5%B1%B1

【月山】-山形県
標高1984m。出羽三山(神社)のひとつで古代から山岳信仰の山。湯殿山自動車道は125cc未満の原付二種・自転車・歩行者が通行できない有料道路。
『#月山』https://twitter.com/search?q=%23%E6%9C%88%E5%B1%B1

【朝日岳】-山形県
標高1871m。標高のわりに大秘境地帯のため、初心者向きではありません。かつてタキタロウと呼ばれる幻の怪魚を見たと噂された大鳥池がある山域の山。
『#朝日岳』https://twitter.com/search?q=%23%E6%9C%9D%E6%97%A5%E5%B2%B3

【蔵王山】-宮城県 / 山形県
標高1841m。山頂付近に乳白がかったエメラルドグリーンの火口湖「御釜」を持つ。蔵王ハイラインは125cc未満の原付二種・自転車・歩行者が通行できない有料道路。
『#蔵王山』https://twitter.com/search?q=%23%E8%94%B5%E7%8E%8B%E5%B1%B1

【飯豊山】-山形県 / 新潟県 / 福島県
標高2105m。山中での宿泊が必要な山。片道9時間程度を見込む山のため、途中の地蔵山で飯豊山気分を味わい下山するのもアリ。
『#飯豊山』https://twitter.com/search?q=%23%E9%A3%AF%E8%B1%8A%E5%B1%B1

【吾妻山】-山形県 / 福島県
標高2035m。「あづまやま」と呼ばれる百名山。観光登山的には磐梯吾妻道路の浄土平から東吾妻山へうろちょろするトレッキングがおすすめ。
『#吾妻山』https://twitter.com/search?q=%23%E5%90%BE%E5%A6%BB%E5%B1%B1

【安達太良山】-福島県
標高1700m。メジャーな登山口はゴンドラがある安達太良高原スキー場。乗らなくても徒歩登山道があるので自分のペースでゲレンデをトコトコ登っていける。
『#安達太良山』https://twitter.com/search?q=%23%E5%AE%89%E9%81%94%E5%A4%AA%E8%89%AF%E5%B1%B1

【磐梯山】-福島県
標高1816m。かつて山体崩壊をおこした山。その際に生まれた山裾にある五色沼の自然探勝路も人気スポット。
『#磐梯山』https://twitter.com/search?q=%23%E7%A3%90%E6%A2%AF%E5%B1%B1

【会津駒ヶ岳】-福島県
標高2133m。百名山の中でもマイナーな部類に入る南会津の1座。キリンテ白樺キャンプ場付近が登山道の入口。
『#会津駒ヶ岳』https://twitter.com/search?q=%23%E4%BC%9A%E6%B4%A5%E9%A7%92%E3%83%B6%E5%B2%B3

【燧ヶ岳】-福島県
標高2356m。尾瀬ヶ原湿原の北方にある百名山。至仏山から尾瀬ヶ原を見下ろす構図で写真に収められることが多々ある位置関係の山。
『#燧ヶ岳』https://twitter.com/search?q=%23%E7%87%A7%E3%83%B6%E5%B2%B3

東北地方はこんなトコロ♪

人口が密集している関東から地続きの東北地方。地元の人々はもちろん日帰りで登山に訪れる関東の人々も多く、南東北は喧騒エリアから気軽に脱出できる人気地域。

北東北地域は東北地域の人々の自由散策地。道の駅を中心にマイカーで自然景勝地へ行き、無料駐車場に停めたら自然散策スタートです。

報告する

関連記事一覧